アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピアスを楽しむには

ピアス

様々なアクセサリーがあり、ネックレスであったりブレスレットであったりしますが男女関係なくファッションを楽しむアクセサリーといえばピアスがあります。
中でもボディピアスは近年流行の兆しを見せていて、美容外科やタトゥーショップ等でピアスホールを開けて貰う事が可能です。
その場合ある程度の必要料金が発生しますが、衛生面等もしっかり管理されているため安心する事が出来ます。

しかし、いくつものピアスホールを開けていて慣れてる人等は、ニードルと呼ばれる鉄の道具を使い自分自身で開ける事も可能です。
既にピアスホールが開いている場合は、そのニードルと呼ばれる道具を少しずつ先に開けていたピアスホールに押し広げていく事で、希望のボディピアスのsizeになるまで穴を広げることが出来ます。
それ以外にも部位によってはボディピアス専用のピアッサーと呼ばれる道具があるので、その道具を使えば直ぐに希望するサイズのボディピアスを装着する事が出来ます。
それ以外のアクセサリーで男女関係なく楽しめると言えば、ブレスレットがありますがこちらも様々なtypeのものがあり、ブランドなどから発売されているような高価なものから、中高生が立ち寄るようなアクセサリーショップで販売されている低価格のものまであり、さらに最近では近年のハンドメイドブームも手伝って革細工等を使用して自身で制作する人も出てきています。
ブレスレットをファッションとして楽しむだけではなく、最近ではパワーストーンなどを使用して健康面をいたわる様なブレスレットもでできています。

選び方

目元

アクセサリーは身体の様々な部分につける装飾品で、女性で持っていない人は居ないという人です。
ボディピアスとは、耳以外の身体につけるアクセサリーのことをさし、身体のそれぞれの部位にあったボディピアスを選ぶことが大切です。
ボディピアスは耳につけるピアスよりも大きく太いものを使います。
そのため、少し深い部分に深めに穴を通さなければならないので、必然的にピアスは太くなります。
また耳たぶにつけるのと違い、ボディピアスは安定するまでに時間がかかるので、頻繁にはずしたりしないほうがいいです。

ブレスレットは半そでの季節になると、付け始める人がおおいアクセサリーのひとつでもあります。
種類も豊富ですので、自分にあったブレスレットの選び方をご紹介します。
まず、サイズ選びが重要ですが、ゆるすぎずきつすぎないものを選ぶことが大切です。
ブレスレットの中には調節できるものとそうでないものがありますので、実際に試着してみるのが一番です。
目安ですが、手の甲まで下がってしまうほど、ゆるいものはあっていません。

そして自分が普段つけている時計や指輪などと相性がいいかもチェックしましょう。
色や素材を統一させると失敗しません。
また持っている服や靴などのファッションにマッチするかどうかも重要ですので、普段自分がどういったジャンルのものを着ているかをイメージしながら選んでください。
また、取り外しがしやすいものか、とがった金具が皮膚に当たらないかなど実際に着用して確認することもブレスレットだけでなく、全てのアクセサリー選びにいえることです。

ボディピアスの概要

口元

ボディピアスとはアクセサリーの一種で、肉体にあらかじめ穿孔した穴にはめ込むタイプのアクセサリーの総称です。
ブレスレットなどと違い、装着箇所に制限はありません。
ブレスレットと違い、装飾品本体は小さめで、装着部には金属を使用したタイプのものがほとんどです。
金属アクセサリーにアレルギーを持つ人の装着は推奨されていませんが、それらのアレルギーに配慮した非金属性のボディピアスも販売されています。

また、体への穿孔への理解がされづらいこともあり、学生に対するボディピアスの制限を行っている学校も数多く存在しています。
また一般的な公立校においてはブレスレットなどの一般的なアクセサリー類の構内での装着は認められていないところがほとんどです。
愛好家の中にはボディピアスを利用した過激な肉体改造を行う層が存在しており、例として舌に装着したボディピアスを徐々に大きなものに交換していくことにより、舌先を蛇のように二つに分断するスプリットタンなどがあげられます。

日本における認知度はまだまだ低く、急速な流行には至っていませんが、一部のメディア作品などで取り上げられ、パンクファッションやへヴィーメタルの愛好家など一部の層に対する認知が進んでいます。
アクセサリーと身体改造の両側面を伴うため、愛好家の中には穿孔過程に大きな陶酔感を覚える人もいます。
ブレスレットなどのほかのアクセサリーとの併用が容易であり、これも大きな魅力の一つである考えられています。